仲介手数料glens

大きな予算を必要

rainbow

不動産を購入するなら仲介手数料に着目

新築一戸建て、中古一戸建て、マンションなど、不動産を購入されるときは大きな予算を必要とします。
数千万円するわけですから、一生の中で一番高額なお買いものと言っていいでしょう。

不動産を探すときは不動産会社からとなりますが、仲介してもらう時は仲介手数料が掛かります。
この仲介手数料は買主と売主両方から頂いている不動産会社が多いです。

ですが最近では売主から頂いて買主からは仲介手数料を半額または頂かない不動産会社が増えています。
仲介手数料は物件価格の3%+6万円+消費税が相場と言われており、高額な物件ほどかなりの負担になります。

これが半額になったり無料になったりするわけですから、大きな節約ができます。
節約できた分で新しい車が買えたり、引っ越し代が捻出できたり、ワンランク上の物件を購入することだって期待できます。

全部の不動産会社が仲介手数料半額、無料にしているわけではないので、対応している不動産会社をインターネットなどで調べると良いです。

不動産売却の理由を知る事

不動産の売却を考えている際に考えておくこと、それはなぜその物件を売りたいのかという理由を明確にしておく事です。
特に、その不動産をどのような形で売るのかを明確にしておく事で、より自分にとって有利な価格帯での取引が可能になる他、有効的な活用方法を可能にします。

今の日本では、不動産の平均価格帯が以前にも増して低くなってきている事から、なかなか売却先が見つからず、最終的に叩き売りのような価格帯になってしまう事もあります。
だからこそ、大体どの程度の価格帯がその土地では一般的になっているのか、最低の価格ラインをいくらぐらいにするのかを明確にしておく事が必要になってくるのです。

不動産の売却理由としては、海外に移住をする、もしくは違う土地に引っ越す為の資金にするなどの理由があるのですが、果たしてその土地を売ってしまう事がプラスになるかを考えましょう。
それは、現在持っている不動産その物を賃貸として貸し出す事が可能になる他、土地を有効活用する為に、アパートを新たに建設するなどの方法があります。

そして、長期的な視点で見た場合には、賃貸という形で売り出した方が、売却をするよりも稼ぐ事ができる可能性もあるのです。
その他にも、不動産の売却には、購入者が最も多くなる時期がある事から、できる限りその時期を把握した上で、前もって準備をしておく事が大切です。
オススメの方法は一括査定のサイトに売却したい不動産を登録することです。

このように、不動産の売却を考えている場合にはしっかりと理由を考えておく事が大切ですが、少しずつ準備を始める為にも、実際に業者を訪れ、自分が所有している土地の平均価格を調べておく、その物件の評価価格の査定をプロに依頼しておくと、よりこれからの計画を立てやすくなります。